【連載企画】新卒インタビュー 最終回「先輩、わたしたちこんなに成長しました!」

こんにちは、マクロミル採用担当です。
昨年に始まったこの連載企画もついに最終回となりました。記念すべき最終回は「新卒座談会」と称し、部署の異なる4名の19新卒に協力してもらい、入社してから約1年経った今の気持ちを聞いていきます。

この1年でたくさんの成長を実感

人事:入社から約1年が経とうとしていますが、皆さんの今の気持ちを聞いていきたいと思います。まずは、皆さんが入社してから今日までで、「成長したな」「これはもう少し頑張りたいな」と思うことを付箋に書いてもらい、お互いに共有してみましょう。

  

竹本さん:僕は「社内でのコミュニケーション」です。とにかく人とコミュニケーションを取ることが苦手で、「できることなら何でも1人でやりたい!」と思っていました。しかし、仕事となるとやはりコミュニケーションは必須で、誰かに聞かないと分からないことや、協力しないと遂行できない業務ばかりです。この1年、いろんな方に業務を教えていただいているうちに、いつの間にか積極的に社内の人とコミュニケーションを取れるようになっていました。

岡本さん:私は「電話対応」です。最初は「聞きながらメモを取るなんて絶対にできない!」と思っていたのですが、代表電話を毎日何件も取っているうちにいつの間にか慣れ、恐怖心もなくなっていました。今は同じフロアの寺田君と、どちらが早く取れるか競い合っています。(笑)

都築さん:まだ完璧とは言えませんが、私は「マルチタスク」です。営業にとってこれはとても重要なことです。お客様から来る情報はどんどんアップデートされるので、全て拾えていないと致命的です。私は基本的にタスク管理をOutlookとノートで行っているのですが、逆にみんながどうやって管理しているか気になります!

八木橋さん:僕は、Outlookはもちろんですが、その他にExcelを使って案件ごとに管理するようにしています。そのおかげで、今は抜け漏れなくタスクを遂行できています。また、僕は「お客様視点での提案」がまだまだ難しいなと感じます。お客様のサービスをきちんと理解していないと、そもそも提案ができません。今はアポイントで一言でも発言することが精一杯ですが、いい提案ができるようアポイント前の勉強をもっと頑張らなきゃなと思います。


▼入社してからこれまでを振り返りお互いに成長を実感

これが私の目指す理想の先輩像

人事:あと数週間で後輩が入ってきますが、皆さんはどんな先輩になりたいですか?

都築さん:個人的なことになってしまいますが、できるだけ早く独り立ちをして、クライアント先に1人でも常駐できるようになりたいです。今は、同じグループの多屋さんと案件をご一緒させていただく事が多いのですが、とても尊敬していて、私も多屋さんのように社内外から信頼されるような先輩になりたいです!

八木橋さん:自分がやっているのは「調査」ではあるけど、言われたことを実行するだけで、まだまだ「マーケティング」ではないなと思っています。なので、お客様の価値につながるような+αの提案をして、その良い事例として後輩に紹介されるような先輩になりたいです。

岡本さん:私は経理なので、2年目になったからといって業務内容が激変することはないですが、「1年目とはちょっと違うぞ」というのを業務量やスピード感でしっかり後輩に見せたいと思っています。

竹本さん:僕は、2年目で部署内の月間案件数1位を取りたいです。また、「今あるカスタムのサービス×お客様のニーズに合わせたデータの提供」が重要だと思っています。この2つを実現し、実績も信頼もある先輩になれたらいいなと思います。

今後も私たちの成長に期待してください!

人事:では最後に、皆さんの今後の目標を教えてください。

岡本さん:「世界TOP10といわず、世界No.1企業になる」です。こういうのは誰かが言わなきゃ始まらないなと思うので、ここで大きく言っておこうと思います!

八木橋さん:「リサーチの枠を超える」です。リサーチはあくまでも手段に過ぎず、お客様が欲しいのは調査だけではないと思っています。最終的にはお客様の意思決定につながるデータを提供することが目的なので、最初から最後までお客様の目線に立って、課題解決に向けて一緒に考えられるリサーチャーになりたいです。

竹本さん:八木橋くんと似ているのですが、「リサーチ以上のサービスを提供する」です。データの価値がどんどん上がっている中で、やはりリサーチだけでは他と差別化できないと思っています。マクロミルにしかない、購買データやデジタルデータなどさまざまなデータとリサーチを掛け合わせて、より良い価値の提供やお客様の課題解決ができればいいなと思います。

都築さん:「本当の意味でお客様を笑顔にできる営業になる」です。私はそもそも、お客様を笑顔にしたくて営業になりました。お客様から頼まれたことだけを遂行するのではなく、営業とリサーチャーを兼ね備えたような提案ができればいいなと思っています。他部署の方に教えていただいたことをただお客様に伝達するだけではなく、お客様に寄り添って課題解決をできる営業になりたいです!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

この新卒インタビュー企画は今回をもって終了となります。
ミルノートでは、これからも19新卒の成長をお伝えできればと思います。