【連載企画】新卒インタビュー 第3回「大事なことはチームワーク」

こんにちは、マクロミル 採用担当です。

マクロミルの新入社員&先輩に迫る新卒インタビュー!
連載企画の第3弾を飾ってもらうのは、データマネジメント部の田村さんと村松さんです。村松さんが尊敬する先輩として田村さんを指名!お二人が普段どんな業務を行っているのか、仕事に対する熱い思いとともに迫りたいと思い、このインタビューが実現しました。

いい意味でギャップがあるデータマネジメント部

人事:まず初めに、データマネジメント部の雰囲気を教えてください。

村松さん:配属される前は、一日中PCに向かっていて個人で黙々と作業をする部署だという印象がありました。でも実際に入ってみると、年次に関係なく、誰にでも話しやすく聞きやすい雰囲気があり、いい意味でギャップがありました!同期もとても仲がよくて、定期的に皆でランチを食べたりしているんですよ。

田村さん:データマネジメント部では、案件をチームで受けることが基本です。新卒には、少し背伸びをして先輩にフォローしてもらうことでできる案件を担当してもらっています。皆で相談し合いながら最適化を目指すことが重要なので、コミュニケーションを取らざるを得ない環境をあえて作っているんです。私自身も、これまで先輩方に沢山時間を割いてもらって、分からないことを聞いていました。なので、聞かれることが当たり前だし、抵抗がないという人がほとんどです。

どれが最適なルートか自分で考えていく過程が楽しい!


人事
:業務の範囲が広く、案件の種類も様々かと思いますが、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

村松さん:「前回調査と同じようにお願いします」という依頼が来ると、前回のやり方を参考に、仕様書通りに進めればいいので、とてもやり易いです。でも、新しい案件でリサーチャーさんからいただいた仕様書を見ながら、「これって本当にいいのかな」「もっと最適な方法があるんじゃないか」と考えたりする方が大変ですが、とてもやりがいを感じます。皆さんで相談して、調整しながら案件を上手く運用できた時は、とても達成感がありますね。

田村さん村松くんが言うように、ゴールを設定した上でどの線に乗るか、どうしたら最短の時間でできるかを考えることが楽しいというのは、データマネジメント部の肝だと思います。リサーチャーさんからいただいた仕様書通りにデータを作ることが最低条件で、それをさらに最適化する方法を皆で一緒に考えることは、私自身も楽しいと感じます。
それに、データマネジメント部の業務は案件対応だけではなく、ツールの開発や、運用フローを整えるために営業さんやリサーチャーさんに直接お話しに行くこともあります。部署に関係なく話をすることができて、色んなことに挑戦させてもらえるのも、データマネジメント部のやりがいだと思います。個人の目標売上があって、KPIが分かりやすいこともモチベーションにつながっていますね!


▼データマネジメント部のやりがいを楽しそうに語る田村さん

壁を取り払うことで見える新たな可能性や発見


人事:
今年のテーマは「BORDERLESS」になりましたが、業務の中で壁が無くなったなと感じる瞬間はありますか?

村松さん僕は最初、誰かとコミュニケーションを取ることに対してかなり壁を感じていました。自分の業務に精一杯で、仕様書通りにミスなく作成することばかり集中をしていました。でも最近は、自分の考えを持ち、担当者と相談をしながら業務調整やスケジュールの確認をすることができるようになってきています。それは、少しずつ業務に慣れてきて、自分が見える範囲が自然と広がってきているからだと思います。配属から今までで、他者とのコミュニケーションの壁を取り払うことができたと感じています。

田村さんマクロミルの業務フローは、一気通貫で行っていたことを分業にして、営業、リサーチディレクター、集計、リサーチャーとあえて壁を作ったのだと思います。この壁は決して悪いことではなく、会社が成長するために必要だったことだと思います。そこで、以前先輩社員が仰っていた「分業ではなく協業だ」という言葉を思い出しました。各部署、各個人が手を取り合って案件を進めていくことが1番重要だと思います。実際に、DMP(Data Management Platform)構築のプロジェクトに関わらせていただいた際、様々な部署でお互い助け合いながら実行することで、新しい分野の開拓に繋がっていくことを実感しました。

人事:「BORDERLESS」には色んな意味があると思いますが、会社が大きくなっていくためにも村松さんのように自分自身の壁を取り払うこと、田村さんのように全社を巻き込んでいくこと、どちらもとても大事なことだと思います!

 

初心を忘れず今後も色んなことに挑戦

人事:では最後に、今後のお二人の目標を教えてください。

田村さん「現状に満足しない」です。マクロミル在籍4年になると自分でできることが多くなってきて、自然と自分のコンフォートゾーンで働こうとしてしまいます。そうすると自分の成長が止まってしまうし、その姿を見ている後輩もそうなってしまうと思います。後輩には絶対にそうなって欲しくないので現状に満足せず、自分から様々なことに挑戦することを意識してきたいです。


▼今後の目標を熱く語る村松さん

村松さん「世の中の潜在ニーズを捉える」です。今は目の前の作業で精一杯になってしまいがちですが、マクロミルに入社を決めた理由も様々なデータから世の中のニーズを捉えられるようになりたいと思ったのがきっかけです。この思いは今も変わっていません。なので、データの特徴を意識しながら、今後も様々な業務に取り組んでいきたいと思います!

★新卒でアナリスト職を採用しています、詳細はHPにて!

_________

お二人のお話を聞いて、色んな人とコミュニケーションを取りながら、新しいことにどんどん挑戦していこうとする姿勢が大切だと改めて実感することができました。貴重なお時間をありがとうございました。

さて、この新卒インタビュー企画もついに残すところあと2回となりました。
引き続き、新卒の熱い思いや素顔に迫っていければと思いますので、楽しみにしていてください!