【19卒内定者インタビュー・第二弾】 『いつか海外で働く、そんな自分が就活で大切にしたこと』

こんにちは!19卒で新卒採用Gで内定者アルバイトをしている寺田です!
遂に20卒の就活解禁ですね、ドキドキと不安でいっぱいかもしれないですが、
悔いのないよう全力で頑張ってください!

今回は19卒内定者インタビュー第2弾ということで、僕自身の就活、
そしてマクロミルを選んだ理由について
書きたいと思います。
インタビューと言いつつ自分で書いてるのですが、ぜひ僕の経験も参考にしてもらえたら嬉しいです。

■自己紹介

明治学院大学所属の寺田です。
僕は大学3年次に1年休学してオーストラリアに留学をしており、現地のホテルでインターンをしながら英語の勉強をしていました。
現在は、マクロミルの人事部で内定者アルバイトをしています。

主な業務は採用に関するリサーチ業務のアシスタント、企画したイベントの運用、
学生との面談、
ブログ記事の投稿がメイン業務になっています。
毎日が新鮮でとても刺激のある日々を送っています。

■僕の就活軸

僕の就活軸は

『グローバル×成長』

まずグローバルという軸は、一年間留学をして海外で生活したいという夢を叶えることが出来ました。
そしてその留学時に経験したホテルでのインターンを通して、
将来は海外で働き、
日本や世界を繋げることが出来る仕事をしたいと感じました。

また成長については、過去のサッカーを通しての経験を通して得た軸です。
小学生時代からサッカーをしていて常に一定レベルでやっていても楽しくないと感じ、
常に成長することに対し喜びを感じていました。

その経験から、就活においてもビジネスマンとして成長し続けたいと感じ、それを得られる環境を求めていました。

■視野を広げることが出来た3年生の夏インターン

就活は夏のインターン前から少しずつ始めていました。
始めた当初は総合広告代理店のみを志望していて、
ただ漠然と広告マンというブランドに憧れを抱いていました。
なので広告業界のみに行きたい!としか思っていませんでした。(笑)
ただ、その話を友人にしたとき、

『夏のインターンの時期で絞りすぎず、様々な業界を見たほうがいい』

というアドバイスを受け、それからの夏インターンでは、金融、メーカー、商社、広告など様々な業界を見て、
多くの業界の知識を
増やしていきました。
夏のインターンシップを通し、一旦自分の視野を広げることで広告業界を客観的に見ることができ、
自分が何をしたいのかを考える時間を作ることができました。

■マクロミルとの出会いは3月の会社説明会だった

僕がマクロミルと出会ったのは3月の会社説明会でした。
なぜマーケティングリサーチに興味を持ったかというと

『深いところまで何でも知ることが出来る』

日常生活をしていて人のホンネを聞き出すことってとても難しいと感じることが多いように思っています。でも調査だと匿名なのでその人が何を感じているのか考えているのかを
ホンネレベルで知れることにとても魅力を感じました。
また色んな業界、業種と関わることが出来て幅広く社会と関われることも魅力に感じました。
そして実際にこの業界で就活を進めていくことになるのですが、最終的にマクロミルとインターンに参加した企業から内定を頂くことができました。

■最後の決め手は「人」と「会社の規模」

どちらの会社に行くかなかなか答えを出すことが出来ませんでした。
その理由としてはどちらも人柄がよく決めきることが難しかったからです。

そして実は一度マクロミルから頂いた内定を辞退したことがありました。理由としてはどんな社員の方たちがいるのかわからなくて不安になってしまったからです。
ただその時に人事担当の方がその気持ちを汲み取ってくれたうえで、改めて現場の社員の方と会う機会を設けてくれました。
そして何よりも辞退すると申し出ている自分を引き留めてくれたことがとても嬉しかったことを覚えています。
その時に、「僕を必要としてくれてる、自分の可能性に賭けてくれている」と素直に感じることが出来ました。

■正面から向き合ってくれたからこそ、100%の力を発揮できる環境だと感じた

やはり、どんな時でも正直に正面から向き合ってくれることがマクロミルの良さであると感じましたし、
社員の方はみなさん正直に自分の疑問に対して答えてくれて、

自分のわがままを受け入れてくれていました。
そしてその時に、こんな方たちと働きたいと感じました。

また、「会社の規模」も大切な要因でした。
僕は就活の軸で「成長」を重要視していました。マクロミルは若手のうちから大きい案件やクライアントと関わることができて、

幅広く仕事が出来る環境があると感じました。だからここで自分は常に成長が出来ると思ったことも決め手になりました。

■コミュニケーションが多く、活発な雰囲気の社内

僕は今内定者アルバイトとして働いていますが、選考や面談を通して感じたイメージと全く変わりがありませんでした。
逆に働くにつれてそのイメージ自体がどんどん良くなってきています。
僕がイメージしていたオフィスは「殺伐としている」「1人で黙々と作業をしている」といった良くないものでした。
しかし実際に働いてみるとそのイメージとは違く、常にコミュニケーションがあり、
一人ひとりの距離感が近くて、いつでも相談できる環境であると感じています。


自分がミスや失敗をしてしまっても次に繰り返さないためには、なにをすべきかを一緒に考えてくれます。

これから先も悩むことや辛いこともあると思いますが、
身近にはこういった向き合ってくれる人がたくさんいるので今は入社が楽しみでしかないです。

■今の目標は新卒MVP、将来的には海外に携われる仕事に挑戦したい

今後の目標は新卒MVPを獲ることです。
簡単なことではないと思いますが、獲ることで自分が1年目から活躍したことがその後のキャリアを築いていくうえでも
自信になると思うので、活躍している姿を見せたいと思っています。
そして、海外で働きたい・関わりたいと思っているのでそのレベルに達するためにもいち早く一人前になりたいと考えています。

これらの目標を達成する為にもまずはマーケティングの知識とビジネススキルを早く身に付けることが大切だと考えています。
様々な業界と関わることで知識を増やし、先輩からビジネススキルを盗んで自分のものにすることで、
自分の成長に繋げていきたいと思っています。

■最終的には世界を股に活躍する人材になること

やはり自分の最終目標は海外でマーケティングをすることです。
まだ漠然としている夢なのですが、いずれは世界を股にかけて日本に留まらず
マーケティングという仕事で活躍できたらいいなと感じています。

しかし今はまだ何も知識やスキルがありません。
だからこそ、早く一人前になりこれらの目標を叶えれる人材になる為にも、
一日一日を無駄にせず
努力をしていきたいと思っています。

■最後に就活生へのメッセージ

『自分のやりたい事を見つける』

僕は自分が納得いく就活をするには、この考えが一番大切だと思います。
ただこれが一番難しいと思います。僕自身も「やりたいことって何だろう」とたくさん悩みました。
それでも、自分がしたいことに気付くと道が急に開けて、就活を順調に進めることが出来ました。

なので、まずは「自分がしたいことは何か」を考えてほしいです。
就活は人生の転換期にもなる重要なイベントです。

だからこそ自分が何をしたいかを真剣に考え、業界や企業を選択して欲しいです。

最後に、就活できついこと辛いことたくさん経験すると思いますが、
最後まで自分を信じて頑張ってください!