【称えてミル】押見さんをインタビュー

こんにちは!マクロミル 採用担当です。

マクロミルには「称えてミル」という制度があります。称えてミルは3カ月に一度、毎回設定されるさまざまなテーマに当てはまる社員に対して、それぞれが称えるコメントを送り合う取り組みです。ウェブ上の専用システムを通じて毎回寄せられるコメントの数は全体で数千にも上ります。
先日実施された「第21回称えてミル」では、過去最多の494名の方にご回答いただき、5,750のコメントが集まりました。そのなかで特に多くのコメントが集まった方に、インタビューを実施しました。実際に寄せられたコメントとあわせてメッセージをご紹介します。


▼営業部 押見さん(2018年新卒入社)

 寄せられたコメント

★色々環境変化した中で、いい方向に成長していると思います。これからの成長にも期待してます。 (リサーチ営業本部)

★インタビュー案件を受注できたのは、押見が粘り強く提案し続けたおかげです!これからも連携していきましょう! (統合データ事業本部)

■インタビュー

Q.「この人を称えたい!」でコメントが多く寄せられていました。多くのコメントをもらった感想はいかがですか?

押見さんチーム内でも称えあう文化があるのですが、ほかの部署からもコメントをもらえるのはやはり嬉しかったです。最近はストレッチ目標(現在の自身の能力よりも少し高いレベルの目標)に挑戦する機会が多かったのですが、そうした環境で自分自身、成長することができました。そして、何より周りの支えがあったからこそ今回につながったと思っています。

Q.日頃、仕事をするうえでなにか意識していることはありますか?

押見さん:1度言われたことに対して、2度同じことをやらないように気を付けています。また、今まで余裕がなかったり気づけなかったりしたこともありましたが、今は機会を逃さず、しっかり提案していくようにしています。情報を整理していく作業はとても大変ですが、先輩からご指導をいただいたことは、素直に「やってみよう」と思い、行動に移すように意識しています。

Q.積極的になった、というコメントも多かったですね。

押見さん以前は忙しさから、最低限のコミュニケーションしかできていなかったこともあったので、最近はお客様とウエットにコミュニケーションすることを意識しています。お客様との距離が以前より縮まっていると感じますし、仕事自体がもっと面白くなりました。
他にも、お客様に依頼されたものに対してただ提供するのではなく、お客様のために何かしたい、他にも提案できることはないかと常に考えていますね
また、先程のように「やってみよう!」とすぐ行動に移すようにしているので、逆に「ちょっと待て」と言われることもありますが、そういった時に助けてくださる先輩が周りにいるので恵まれていると思います。ただ、自分の何事も臆さない性格が功を奏したのかも、とは少し思っています(笑)

Q.今後、どうしていきたいですか?

押見さん今までは先輩たちにサポートしていただいていた部分が大きかったので、今後は自分ができることをさらに広げていきたいなと思っています。大型案件の全体進行にもチャレンジしたいです。また、仕事以外でも自立した女性になりたいですね。

Q.ありがとうございました。最後に一言お願いします!

押見さん成長したとのコメントがたくさん来ていて、「見ていてくださったんだな」と、とても嬉しい気持ちです。期待に応えられるよう、これからもクオーター毎にしっかりステップアップしていきたいですね。また、お客様のために何ができるのか?を他部署の方とも一緒に考えたいですし、その上で、一緒に仕事がしたいと思ってもらえるような人になっていきたいです!